かきぞえネット

小さなお店の売上を上げる方法

居酒屋で売上を上げるポイント

 

 

週末の営業が終わりました。

飲食店で働いていますが、

来週が3連休ですので、今回の週末は売上を落とすのではないかと不安でしたが、

5月からの好調を維持できています。

【飲食店二つの考え方】

 

お店の売上が伸びるのは、

本当に急ですね。

もちろん、何もしなくて伸びるなんてことはないですよ。

 

僕は、居酒屋で働き14年。

これまで沢山のお店に異動してきて、

新店、落ち込んだお店の立て直しを行ってきました。

そこで見えてきたのが、

二つの考え方があるという事です。

 

一つはチェーンストアとしての考え方。

二つ目は、個人店としての考え方です。

 

この二点では大きく考え方が変わってきますね。

僕は、個人店的な攻め方の方が、

売上は伸びると思っています。

 

チェーンストアの考え方は、

お店の出店やメニュー構成などどこを踏まえても、

学んでおく必要はあります。

特に、チェーンストア理論は。

 

(僕も現在猛勉強中)

 

では、なぜ僕が個人店的な攻め方の方が売上が伸びると推薦しているのかですが、

チェーンストアでは、

あるべきものはすべて同じでなければいけません。

マニュアルというものがありますので、

要は融通が利かないんですよ。

【個人店の方が売上は上がる】

 

個人店では、その地方に合わせた動きができるので、

その土地にあった戦略で、

営業を行う事ができます。

 

また、個人店らしい我が道がありますよね。

例えば僕は、こんなことをして売上を伸ばしてきました。

これは、200万円しか売れないと言われたお店を、

500万円のお店に変えた時の話でもう7年前くらいになりますかね。

 

完全にチェーンストアから外れて個人店的な攻め方で成功しました。

個人店をやっている人は是非毎日、毎月継続してみてください。

3か月~6カ月は必ず行ってください。

【個人店が攻めるポイント】

 

  • 手書きチラシを作成し、月に一度お店周辺の家にポスティング

          2000枚~3000枚

   →何か特典をつけることで戻りが分かる。

  • アンケートなどで住所や名前を頂、感謝はがきを送る
  • 顧客管理表を作成し、いつ来店したか、また感謝はがき郵送などすべてのデータを残す。→来店時3日、2週間後、3か月後、誕生日 はがきを必ず送る
  • お店で扱う酒の蔵に足を運んでレポートを作成し、テーブルに置く。

 →もちろんお酒だけなく、食材でも。生産者の思いを伝えるのが我々の仕事。

  • 暇な時は、お客様の靴を磨く
  • おしぼりの交換は必要以上に

などなど、まだまだあるのですが今回はここまでにします。

 

何となくイメージは持てたでしょうか?

 

今ね、小さいですけど14席のお店で商売しないか話が来ているんです。

だから、どんなお店にするか立地調査中ですけど、

夢は広がりますよね。

 


にほんブログ村