かきぞえネット

小さなお店の売上を上げる方法

待機児童問題について

 最近では、待機児童の問題が取り上げられることが多くなりましたね。

その原因の一つが、

保育士不足だと思います。

 

単純に保育士がいない。

だから、子供達を引き受けることができない。

保育園や幼稚園があっても、

保育士さんがいなければ、何も始められませんからね。

 

そういった、

待機児童の問題もありまして、

働く女性が減少しているのも確かな問題で、

働きたくても働けない方々が非常に増えているそうです。

 

大手企業では、

社内に保育園を設けることで、

働きやすい環境を作ろうと努力もされています。

会社に保育園があることは、本当労働者としてありがたいことですよね。

 

では、、問題になっている、

保育士不足ですが、

一体何が不足に追い込んでいるのでしょうか?

 

一つ目に挙げられるのが、

想像以上にきつい仕事だからだと思います。

お子様を預かる以上相当な気を使いますし、

労働時間によれば体力も奪われますし、

なんといっても園児の保護者の方々から何を言われるか分かりませんからね。

 

そうなると、

せっかく保育士の免許を取っても、

初めて社会人になった子達は、

ついていけませんよ。

今の世代の若い子たちは、

ゆとりで育ってきていますから、

少しでも、違ったらすぐに辞めますからね。

 

ですので、僕はゆとりで教育してきた分も問題の一つだと感じています。

 

2つ目に挙げられるのが、

やっぱり、それだけの労働条件の中で、

給与が安いという事ですね。

初任給は、10万円くらいが相場の様ですから、

なんの為に、

必死に勉強して、

免許を取って就職したのか分からなくなりますよね。

 

労働の対価を感じるのは、

お金でしかありませんから、

これだけきついのに、

自分の生活まで我慢しなければいけないとなると、

それは、続くも続きませんよね。

 

本当に難しい問題だと思いますが、

どうにか国を挙げてしっかりと、

問題解決に向けて取り組んで欲しいと思います。

 

参考サイト

保育士転職サイト