読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

離職率断トツのトップは飲食業・・・介護福祉は、、、

離職率を調べていると、

やっぱり、僕の本業の飲食サービス業がトップでした。

なんだか、寂しくなる数字を見れば、

これだけスタッフも集まらない厳しい産業に生まれ変わっているんだと実感しています。

 

そんな中で、僕らの飲食サービス業よりも離職率は高くないですが、

決して低くない業態が介護福祉でした。

 

僕の兄貴も、介護福祉の資格を取って実際に働いていましたが、

2度にわたって転職し、

最終的には介護福祉を辞めて、農業を行っています。

 

全く違う仕事についたにも訳がありました。

 

職場は、相当なストレスが溜まるし、

介護の仕事は、患者様を一番に大切にしないといけない。

でも、職場の雰囲気が悪ければ、良いサービスもできないし、

ストレスだらけで、上下関係も激しい、

そんな毎日に飽き飽きしたのか、

誰からも何も言われなくて良い、

自分ひとりでできる農業を選んだわけなんですよね。

 

介護福祉の友人に話を聞いても、

やっぱり職場の人間関係の愚痴を良く耳にします。

マイナビ医療介護のお仕事

ストレスが溜まりやすい仕事程、

職場内の空気が乱れるという事ですよね。

しかし、そこには、

施設内の環境、

設備、

色々な面で人的な影響が強いからだと僕は考えています。

 

もちろん働いた事がない業界ですので、

だまっとけーと言われればそうなんですけどね。

介護士さんのためのお仕事紹介

しかし、

うちの兄貴みたいに、

せっかく取った資格を簡単に捨てないで、

きっと自分にあった職場があるので、

転職を含めて、考えてみて下さい。

 

これから、

更に高齢化が進みます。

その中で、

一番必要とされるのは、

介護福祉で働いている方々です。

 

僕の母親は63歳ですが、

現役の介護福士です。

 

職場の雰囲気に負けずに、

患者様の笑顔を作りあげていきましょう。

今の職場もう限界・・・ツクイスタッフの介護資格を持ったキャリアアドバイザーに相談下さい!