読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年末商戦に向けてのアプローチポイント

ビジネス

飲食店にとっては、年末商戦が始まる。

この時期からは、忘年会予約も多く、アプローチをどんどんと競合店はかけていく。

お客様が選ぶお店とはいったいどういった店なのか?

 

もちろん、1年間の営業の通信簿の様な時期でもある。

これまで1年間かけて営業を行い、

お客様にどれだけの満足量を与えることができたのか、

地域で一番店になれたかがすごく重要な事だ。

 

しかし、これは以前までの考えで、

最近の考え方は、

 

お客様へのメリットが以下にしてあるかだ。

心配事や悩み事を解決することができるかが重要課題として考える。

 

その心配事や悩み事を解決する策でアプローチをかけないといけない。

 

例えば、

席数は確保できるか?

個室であるか?

駐車場はあるか?

スマホを充電するコンセントはあるのか?

お帰りの際は、すぐに代行やタクシーを確保できるのか?

その後の2次会は、近くにお店があるのか?

など。

 

もちろん料理プランや飲み放題プラン、

値引きやクーポンがあるかなどもあると思うが、

幹事様が一番に気にしているのは、

上記の内容であると考える。

 

飲食店が数ある中で、

自店を選んでもらえる、

自店しかない強力なメリットを備えて、

それを提供すること。

 

打ち出すポイントが料理やプランでなく、

安心を打ち出すことがもっとも重要だと思うのです。