読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

采配の難しさは組織のせい

昨日は、サッカーワールドカップアジア最終予選

日本対オーストラリア。

試合は、日本の原口の先制ゴールも1-1のドローに終わりました。

しかし、

怪我人続出の中でオーストラリアに引き分けは、充分な成果。

いつもの日本魂感じたし、うまく試合をコントロールできていた。

 

そんな中で、

ハリル監督の進退についてニュースなどで取り上げられています。

もちろん、実績や結果が重要視される世界。

これは、どんな仕事でも同じですね。

 

ただ、

私の中で不満というか、悔しいのが、

なら、どうやって、誰がどのような考えで、

ハリル監督を招聘したのかという事。

 

他国から来て頂いていて、

日本の為に全力で戦っているのに、

簡単に結果だけで、

監督が駄目だとか、代わりを見つけようなんて、ひどすぎる。

 

チームを作りあげるまでには、

ある一定の時間が必要だ。

その時間が短い中で、今更交代なんて、すでにアジア最終予選

もう遅いし、

選ぶに選んだ以上は、

最後まで信じて共に戦う姿勢はないのか?

 

私は、このまま続投で、

最後までハリル監督を信じて応援したい。

 

会社内でもそうですが、

上に上がる為に引きづり落とすみたいな、

へんな小さなね。

 

と、不満ばかりですが、

今日も1日を楽しく前進!